Anyway,let's try it !!

           

 It's so exciting!

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

archives

selected entries

 Travel is good for the body and mind.








 How happy I am!






QLOOKアクセス解析

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

京都大原三千院へお散歩。

河原町の自宅をお昼頃出発して大原へ行ってきた。
OPA前あたりのバス停から17系統に乗り、45分ほど。

1時間経たないうちに京都一の繁華街からこんなに山奥まで来れるとは! さすが京都。
山奥だけど意外と民家も多い。バスも頻繁に通る。

バス停からすぐに三千院参道の入口をみつけながらも、反対方向へ国道を歩く。
「里の駅 大原」へ行ってみたかったから!
道の駅みたいな、直売所のある所。大原の特産物が食べれるかなあと思って。

しかし曲がるとこ間違えて歩き過ぎた。炎天下ムダに1時間以上!笑
暑さにかなり体力消耗。そして半袖焼け〜xox

里の駅は結構こじんまりしたとこだった。
レストランのメニューもこれといって惹かれなかったし。

赤シソ畑と山を眺めながらつきたて (といっても3〜4時間経過) のお餅をたべる。
大原特産の赤シソ入りは無く、ヨモギ入り。
写真右奥に並んで写ってる石地蔵は売り物。たしか1体数万円。



ヨモギ餅食べた直後にもかかわらず、近くの国道沿いにあった古民家風の手打ち蕎麦屋「うえなえ」へ入る。
お蕎麦屋さんの最寄のバス停の名前は「野村別れ」。
昔々、野村さんが別れた場所だというエピソードがあるのかと勝手に想像していたが、調べてみるとどうやら野村は地名で、別れは分岐点、分かれ道のことらしい。!

赤シソを練りこんだおソバ 1200円。
お蕎麦だけ食べると超シソ味。おつゆにつけたらわからなくなる笑
太さや長さがまちまちで手作り感ありました☆



のんびり食べてばかりいたらお寺が閉まる!! とちょっと焦ってお店を出、三千院へ。
参道のお土産屋さんでユズ皮砂糖漬けの大袋を見つけ、店員さんに値段を聞いてみる。
「それ聞いちゃう??!」って店員さんはもったいぶりつつ教えてくれた。
「七千五百円。」

高っっっ!!!

もちろん買えない。笑  てか7500円出してユズ皮買うヒト居るのかな?
試食だけ貰って去った。
「車までサービスで運ぶよ!」って笑ってたけど。
車じゃなくてバスで来たし。
いやー 驚いた。
ポン酢屋さんもあったけど、ポン酢に搾った後のゴミで砂糖漬け作れないのかね。。笑


京都大原三千院。



大原は壁も地面もコケが多くていいかんじ。



お地蔵さんが何体もある。顔がタイプじゃないな。
もっと可愛くて癒される顔のがいいのにみんなこわいよ!

アジサイがかなりたくさん。まだ咲いてたけどちょっと遅かった。






山道を歩くも音無の滝へ辿り着けず。




通りがかりに見つけた出世神社。
なんか不自然な感じがするとおもったら、最近移転されてきたんだね。


田んぼと山。のどかな風景。


べったりな汗と脚の疲れを癒すため温泉へ。
ヨーロッパ圏の女の子がひとりで来ていた。脱衣場で、お風呂場のドア(中が見えないドアだった)を指差し「bath?」と聞いてきたので、「Yes! bathroom!」 いやいや、bathroomってトイレか!!って自分につっこみつつ、ドアを開けて、「this is bath! outside also!」露天風呂もあるよって伝えたかったんだけどね... 釜風呂は階段を上がったところにあって、「go up the stairs」が出てこない私は手で階段上るゼスチャーしながらstep step...... 相変わらずな英語力。ははは....



入浴にセットで付いてた白みそアイス。
お味噌入ってない方が美味しかったかも。






 

スポンサーサイト

  • 2016.03.15 Tuesday
  • -
  • 00:00
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック